ずっこけランチェスターの『 僕は生き残る為に暗号通貨を選んだ 』

暗号通貨(仮想通貨)とオカルトマニアのランです。オカルト的な考察から独自の視点で暗号通貨を見ています。 最初は1万円で始めました。興味ある人だけが読んでくれれば良いと考えています。 アクセス数はフル無視。 自分用の備忘録でも良いと思っています。 この記事を読んでくれた方は、全てを信じずに必ず自分で調べることをしてください。全ては自己責任で。 自分の人生は、自分で決める癖を身につけて。 正体不明の暗号通貨を知るヒントになれば幸いです。

【 これはビジネスではない 】

【 これはビジネスではない 】

 

2017年 4/23 blogを開始。

暗号通貨マニアのランです。

現在 ブロックチェーン技術は世界を巻き込んで、すごいスピードで金融の世界を変えています。

遠くない将来、学校の授業で教えていく必要があると考えています。

仕組みを作る側も、教える側も、覚える側も、ついていくのが大変な時代に突入すると本気で思っています。

少しでも誰かの為になれば嬉しいな。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

どうも〜

プチ陰謀論者のランです。

またまた、大袈裟なタイトルですね〜

 

ランはね、暗号通貨の保有はビジネスではないと考えます。

これはお金の定義、概念、根幹に関わること。

そう考えています。

 

 全くビジネスとは考えていません。

暗号通貨をビジネスと考えるのは、少し怖いかな。

 

ビジネスではないと考える理由が2つあります。

後ほど書きますね。

 

この数年の世界のニュースを見ていて、なんとなくですが ジワリジワリと見えてくるものがあります。

気のせいならいいのですが。

 

今日は独り言に近いので、読み流してくれても構いません。

荒唐無稽な内容です。

本当に気のせいならいいのですが、、、、

 

特に気になった事を箇条書きにしてきます。

 

・WHOの日本に対しての発言。

IMFの議長の『 国際通貨をリセットする必要がある。』という言葉。
・イギリスから一部の地域の分裂危機。

・以前アメリカで謎のジェイドヘルムがありました。

キプロスショック。

・イギリスのEU離脱

三菱東京UFJから暗号通貨リリース発表。

・デイビッド ロックフェラー死去。

・シリア爆撃。

 

・WHOの日本に対しての発言。

これに関しては、ランの書いている別blogでも触れたことがあります。

【 WHOと喧嘩した漢 】というblog記事を書きました。

http://u5888dbc72k5w3e05se201.hatenablog.com/entry/2017/01/25/030002

長々と引用するのは飽きちゃうから、一部だけ抜粋します。

『 WHOも国連安保理と同じで第二次大戦の戦勝国で構成している。よって日本は入れない。』

WHOは、こんな事を言っていました。

 

・過去にIMFのラガルト専務理事が、『国際通貨のリセットが必要である』と発言している。

 

・数年前に、イギリスの一部が分裂 独立しようと動きました。

 

・ジェイドヘルム。

聞いた事がある方は少ないかもしれませんね。

アメリカの大規模な軍事演習のこと。

2015年7月15日から 7つの州で行ったジェイドヘルムは、今までと様相が違いました。

多国籍軍で構成されていたの。

それ意味が意味するものは?

しかも市街地で。

数日間の間、報道規制が敷かれました。

携帯の電波も繋がらない。

謎の軍事演習。

 

キプロスショック。

最終的には、銀行の預金の一部をベイルインして終結

 

ベイルインとは?
主に金融機関の破綻処理や救済時において、株主や債権者などにその損失を負担させることを意味する語。また、緊急の財政支援などを第三者に求めるのではなく、内部の利害関係者で救済するという意味で用いられる場合もある。

 

・イギリスのEU離脱

これね、将来のEUにとって致命的なの。

近い将来、イギリスは人口ボーナスの恩恵がやってきます。

それに対し、イギリスと一緒になってEUを牽引してきたドイツは、今の日本と同じように人口がジワジワ減ることがわかっているの。

 

三菱東京UFJから暗号通貨がリリース。

日銀を差し置いて、民間の銀行が暗号通貨のリリースを発表したことの意味。

これね、すごい気になってます。

 

・デイビッド ロックフェラーの死去。

かなり経済界の勢力図が変わると思っていましたが、そういったニュースがほとんどないことに、逆に何かが水面下で動いている気がします。

 

・シリア爆撃。

シリア、、、、、

爆撃以前、シリアにないものがあります。

それは、FRB

 

ランの考える暗号通貨保有の理由は、儲け話しや トレードではないんです。 

特にベイルインが発動された時、無一文状態になってしまいます。

 

世界のほとんどの国が借金で首が回らなくなっています。

日本もそう。

 

日本は過去に一度、戦後にベイルインを強行しています。

この話しをすると、戦後じゃ仕方ないと仰る方もいるかもしれませんね。

ですが今の日本は、戦後の時よりも多くの借金を抱えてしまっているんです。

 

預金封鎖されてしまった時に、どうすればいいのでしょう?

ランも、わかりません。

 

ただ、暗号通貨を僅かでも保有していれば、もしかしたら しばらくの間、生活の足しになるのでは?

そう考えています。

ランは暗号通貨を非常食のように捉えています。

エマージェンシー ブランケットのように考えています。

 

もしかすると 多くの国の政府も、自国の通貨が大変なことになった場合、経済が壊滅するのを防ぐ為に 暗号通貨を利用しようとしているのかもしれない。

 

全て、ランの空想ですが。

これが 本日のタイトルのビジネスではないと言っている理由の一つ。

 

もう一つの理由は、、、、

 

昨日blogを2つ更新しましたが、1つ目のblogで書いた ある暗号通貨の取引所に預けてある資産が、昨日の時点で245万円と書きました。

 

今ね、292万円。

 

1日で増殖しまくっています。

こんな相場、おかしいよ!

本気でそう思っています。

 

地道に働くのが馬鹿馬鹿しくなってしまう。

 

こんなものに依存しきっていたら、保有している暗号通貨の価値が二足三文になってしまったら、全て失ってしまう。

 

働く気力も失くしてしまうし、今まで一生懸命頑張ってきたスキルも忘れてしまう。

 

だから、依存しては駄目!

あくまでも、保険と同じように考えるべき。

 

必ず、収入源は何個も持つこと。

資産も分散させて、リスクヘッジすること。

そして、常に新しい事を模索すること。

 

これは、どんな時も忘れないで欲しいです。

絶対に一極集中はやめてね。