ずっこけランチェスターの『 僕は生き残る為に暗号通貨を選んだ 』

暗号通貨(仮想通貨)とオカルトマニアのランです。オカルト的な考察から独自の視点で暗号通貨を見ています。 最初は1万円で始めました。興味ある人だけが読んでくれれば良いと考えています。 アクセス数はフル無視。 自分用の備忘録でも良いと思っています。 この記事を読んでくれた方は、全てを信じずに必ず自分で調べることをしてください。全ては自己責任で。 自分の人生は、自分で決める癖を身につけて。 正体不明の暗号通貨を知るヒントになれば幸いです。

【 ステラーの速報 】Steller Lumens XLM編

【 ステラーの速報 】Steller Lumens XLM編

 

2017年 4/23 blogを開始。
暗号通貨マニアのランです。
現在 ブロックチェーン技術は世界を巻き込んで、すごいスピードで金融の世界を変えています。
遠くない将来、学校の授業で教えていく必要があると考えています。
仕組みを作る側も、教える側も、覚える側も、ついていくのが大変な時代に突入すると本気で思っています。
少しでも誰かの為になれば嬉しいな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

どうも〜

仕事の手を休めてblog書いているランです。

 

今日はSteller Lumensという暗号通貨について触れようと思います。

この数ヶ月で200倍とかになった通貨ですね。

 

仕事が山ほど残ってるので、あまり詳しい事は書けません。

 

先程、知り合いの方々にLINEした内容をコピペします。

仕事中なので、ご勘弁を!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

情報共有です。
朝早くから、申し訳ありません。
現在ステラーを保有している方は知っていたほうが良いと思います。

BITcoin保有している方は、6/26までにステラーのアカウント作っておくといいかもです。

BITcoin保有者に、ステラー(XLM)を無料配布してくれます。
もしかしたら、リップルXRP保有者にもチャンスがあるかもしれません。
時間が無くて調べていないです。
すみません。

今、本業が鬼のように忙しくて ほとんど調べていません。

わかっているのは、2014年の5/22の台帳が基準。
ほとんどの方には関係ないですね。

本当に初期から保有している人だけが対象。

どのくらい無料配布してくれるかというと、
今回は160億STR配布です。
現在流通しているのが、約100億STR。
初期の発行予定枚数は、1000億枚予定。
その後は毎年1%づつ枚数が増えます。

今回、個人に対して どのくらい配布するのか?
計算方法は、

保有してるビットコイン数)÷(ビットコインの総量)で出た数字に160億を掛けます。


現在のビットコイン総数が約1640万BTC程度。

1BTCあたり975XLMもらえる計算になると思います。

UTC/GMT(世界標準時間)で6/26の一番最初に作られたブロックまでが、ビットコイン保有量の基準になります。

オルトコイン少し手放そうかな〜

ただ保有しているだけでは、配布されません。

6/26までに、承認が間に合わなければなりません。
日本時間だと6/26の朝方までかも。
時差がありますからね〜

以下のホットウォレットにBITcoin保有している方は、
Bitcoind
Bitcoin-qt
Electrum
Mycelium

この公式サイトにお知らせが出てくるので、
手順にしたがってFacebook認証や、ステラアカウント、BTCウォレットの署名連携等をするみたいです。
https://www.stellar.org/

個人情報が気になる方は、以下の取引所に移動させる事をお勧めいたします。

Kraken
BTC38
Poloniex
Deribit
Yuanbao

この取引所でBITcoin保有していれば、あとは取引所が勝手にやってくれます。

もしかすると、短期、中期で暴落する可能性があります。

市場は広がっていないのに、現在100億XLMが流通。
そこへ、約160億XLMが無料配布。

約2ヶ月かけて無料配布するらしいです。

XRP保有している方は、約10億XLM配布だと思います。
2014年の5/22の台帳が基準っす。
計算方法はBITcoinと一緒。
配布されるのが、160億枚ではなく 10億枚。

 

BITcoinと、リップルXRPで配布される枚数の合計が170億枚。

 

ステラー、すごく期待してましたが 怖いので売ってBITcoinに替えちゃおうかな。

こればかりは、自己判断と自己責任の範疇ですね。
悩むなぁ〜

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

個人的にはSteller LumensのSTRという暗号通貨は、大好きな規格です。

 

ざっくりというと、リップルシステムを模倣した、個人間で気軽に使える暗号通貨。

 

この通貨は将来伸びていくと思います。

 

プチ陰謀論者のランの考えでは、伸びていくと思うというより

伸びていく事が決まっている。

そう考えます。

 

何故そんな風に思うのか?

 

それはね、開発メンバーが豪華なメンバーなの。

 

夜勤明けなので、睡魔が襲ってきました。

総発行量については、1兆枚だったかな?

眠過ぎてゲームオーバーです。

 

起きたら調べよっと。