読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずっこけランチェスターの『 僕は生き残る為に暗号通貨を選んだ 』

暗号通貨とオカルトマニアのランです。オカルト的な考察から独自の視点で暗号通貨を見ています。 スタートは1万円で始めました。どこまで増やせるか?どこまで減ってしまうか?興味ある人だけが読んでくれれば良いと考えています。 アクセス数はフル無視。 自分用の備忘録でも良いと思っています。 この記事を読んでくれた方は、全てを信じずに必ず自分で調べることをしてください。全ては自己責任で。 自分の人生は、自分で決める癖を身につけて。 正体不明の暗号通貨を知るヒントになれば幸いです。

【 暗号通貨? 】

【 暗号通貨?】

 

 

2017年 4/23 blogを開始。

暗号通貨マニアのランです。

現在 ブロックチェーン技術は世界を巻き込んで、すごいスピードで金融の世界を変えています。

遠くない将来、学校の授業で教えていく必要があると考えています。

仕組みを作る側も、教える側も、覚える側も、ついていくのが大変な時代に突入すると本気で思っています。

少しでも誰かの為になれば嬉しいな。

 

 

何から書けば良いのか、とても迷います。

ネットビジネスを勉強し始めた頃、書店でビジネス雑誌や 啓発本を買って読み漁ったんです。

その頃に暗号通貨を知りました。

 

僕は石橋を叩いて、結局渡らない人生を送ってきました。

その時も、存在と内容を知り 結局何もしませんでした。

副業で 『 せどり 』をしていますが、慎重に石橋を叩きすぎて やり始めるまで5年かかったんです。

 

やってみて思ったこと。

やりながらじゃないと、わからないし 覚えられないよ(笑)

もっと早く始めてれば良かったって!

 

暗号通貨、ブロックチェーン技術もそう思います。

これは確実に世の中の、中心的な存在になります。

これは、もう決まってること。

信じても、信じなくても、読者さんにお任せします。

 

ラン自身、どうして このblogを書こうと思ったのかわからない。

書く積もりなかったんだよ。

誰にも知られたくなかったし。

 

あんまり、暗号通貨を保有しているのを人様に言いたくないのが本心です。

だって、『 変なことを言う奴だ 』『 変なものを売りつけてくるのではないか?』とか不審がられるに決まってるから。

 

そう思われるのには理由があります。

暗号通貨?

ブロックチェーン技術?

普通の人は聞いた事もないよね。

最近でこそ、DMM(オンライン)やビックカメラ(東京で二ヶ所で決済可能)、Airレジ(28万店舗で決済可能)でBITcoinの決済ができるようになったので、ニュースや特集、雑誌で取り上げられるようになり、知っている方もいるかもしれません。

初耳の方には、怪しさしか感じられない。

 

宗教の勧誘、ネズミ講と同じで、価値観を押し付けてくるのではないかと 敬遠されてしまいそう。

 

だから、どんなに内容が良くても 人に言いたくないんです。

 

どうして書いてるんだろ?

自分でもblogを書く動機がハッキリしていません。

義務感? 

違うなぁ

 

喋りたがり?

そうかもしれないけど、違うなぁ

 

たくさん考えましたが、

『 書きたいから 書く。以上!』

それが動機。

 これが一番 しっくりきます。

 

僕だって、よくわからないものに手を出す不安があります。

そんな不安を、自分でも検証して消していきたいのかもしれません。

 

誰かに聞いたり、教えてもらいたいのも事実。

例え1万円だって、損したくないよ。

だから、このblogを書きながら 不安を解消してるのかもしれません。

 

石橋を叩くけど 結局渡らない人。

石橋を全く叩かないで 即渡ってしまう人。

 

どちらのタイプの方でも、読んで欲しいかな。

できれば、

『 石橋を叩きまくって、自分が信用できる石橋だけを恐る恐る渡る。』

こんなタイプになって欲しいです。

調べ尽くして 危ないと感じたら手を出さない事。

これも大事。

 

暗号通貨か〜

どういったものかの説明は、すごく長くなります。

こういうのは後回しにして、知っておいたほうが良いものを先に書きますね。

 

正式には『 Crypto Currency 』と言います。

日本語に訳すと、『 暗号通貨 』。

日本では『 仮想通貨 』と最初に訳されてしまって、これが浸透してしまっています。

これを日本語に訳すと『 バーチャル通貨 』となってしまいます。

意味合いが全然違ってしまいます。

 

バーチャルな通貨では駄目なんです。

これじゃあ、おもちゃ銀行の通貨と変わらなくなってしまいます。

そんな ちゃちい代物ではありません。 

 

仮想の通貨、、、、

これじゃ本来の意味を逸脱してしまいます。

 

ブロックチェーン技術により、しっかりとした仕組みを持った通貨なんです。

これね、従来の通貨の概念や定義を覆してしまうの。

 

先ずは、自分で調べる癖をつけましょ。

1日過ぎる度に、情報がたくさん増えていきます。

1ヶ月過ぎると、もうついていくのがやっと。

四半期過ぎたら、1つの物語りが書けてしまうくらいの猛スピードで、情報量が増えていってしまいます。

 

世界のお金の歴史が、新しい幕を開けます。

取り残されないように しっかり自分で調べましょうね。

 

今日の書き書きは、『 仮想通貨ではなく暗号通貨 』の1点です。

 

忘れないようにメモしておいて!