ずっこけランチェスターの『 僕は生き残る為に暗号通貨を選んだ 』

暗号通貨(仮想通貨)とオカルトマニアのランです。オカルト的な考察から独自の視点で暗号通貨を見ています。 最初は1万円で始めました。興味ある人だけが読んでくれれば良いと考えています。 アクセス数はフル無視。 自分用の備忘録でも良いと思っています。 この記事を読んでくれた方は、全てを信じずに必ず自分で調べることをしてください。全ては自己責任で。 自分の人生は、自分で決める癖を身につけて。 正体不明の暗号通貨を知るヒントになれば幸いです。

【 サトシサイクルとは? 】ビットコインとサトシサイクル

【 サトシサイクルとは? 】ビットコインとサトシサイクル

 

 

2017年 4/23 blogを開始。
暗号通貨(仮想通貨)マニアのランです。
現在 ブロックチェーン技術は世界を巻き込んで、すごいスピードで金融の世界を変えています。
遠くない将来、学校の授業で教えていく必要があると考えています。
仕組みを作る側も、教える側も、覚える側も、ついていくのが大変な時代に突入すると本気で思っています。
少しでも誰かの為になれば嬉しいな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

どうも〜

オカルトマニアのランっす!

 

タイトルのサトシサイクルって、まだ聞いたことない人が多いと思います。

 

早速、解説いたします。

ARK Invest社のブロックチェーンアナリストだったビットコインの専門家の、Chris Burniske氏がビットコインの価格とGoogleの検索トレンドとの間に、「Bitcoin」というキーワードが非常に高い相関性を持っていることに注目したんだ。

 

Burniske氏は、

ビットコインの価格が急騰すると、暗号通貨(仮想通貨)への関心が高まり、さらに価格が上昇する。

そして、更に関心がよせられていく」と理論づけており、これをジョークも兼ねて「好循環なサトシサイクル(Satoshi-Cycle)」と呼んでいます。

 

 

キャリアを持つ投資家の多くの人々が、ビットコインは無制限の上昇気流に乗ったと考えているみたい。

ですが、Burniske氏は、たったの30日間でその価格が倍になった過去6回の全てにおいて、価格は急降下したというデータに基づき、それに反論しています。

 

2017年8月、彼は、「Googleの検索活動とビットコインの因果関係が離れるにつれ、「好循環なサトシサイクル」が過熱する可能性がある。」とツィートしました。

 

「毎回、バブルの後にはクラッシュが発生した」と彼はつぶやいていますが、「今までのクラッシュの中で(因果関係が)90%も乖離する事はなかったのに、今のビットコインの市場は余りにも大きく乖離している」ともつぶやいています。

 

 

※下記はGoogleトレンドとビットコインの価格の相関図。

青色がビットコインの検索数、

赤がビットコインの価格ね。

 

f:id:u5888dbc72k5w3E05SE201:20171210032151j:image 

 

Googleトレンドとビットコイン相場の相関関係における、興味深い考え方ですよね。

 

「さとしサイクル」の考え方では、Googleトレンドの急激な検索数の上昇が、ビットコインのバブルを呼ぶとしています。

 

2017年現在、ビットコインは約2ヶ月に1度大きく下げていますので、相場暴落や価格上昇のタイミングをつかむ一つの考え方としてGoogleトレンドを利用するのも、面白いかもしれませんね〜♪

 

もしかしたら、狙っている暗号通貨(仮想通貨)をgoogleトレンドで調べて、波に上手く乗れれば ウハウハかもね。

 

信じるか信じないかは あなた次第です。

 

【 ランのblog一覧 】

・ずっこけランチェスターの『 主婦よ大志を抱け!』ネットビジネス模索編
http://u5888dbc72k5w3e05se201.hatenablog.com/entry/2017/03/28/163909

・ずっこけランチェスターの『 僕は生き残る為に暗号通貨を選んだ 』
http://u5888dbc72k5w3e05se201.hatenablog.jp/entry/2017/06/08/070500

・ずっこけランチェスターの『 ネットビジネス奮闘記 』
http://noahcoinu5888dbc72k5w3e05se201.hatenadiary.jp/entry/2017/06/19/200455

 

f:id:u5888dbc72k5w3E05SE201:20171208045535j:image