読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずっこけランチェスターの『 僕は生き残る為に暗号通貨を選んだ 』

暗号通貨とオカルトマニアのランです。オカルト的な考察から独自の視点で暗号通貨を見ています。 スタートは1万円で始めました。どこまで増やせるか?どこまで減ってしまうか?興味ある人だけが読んでくれれば良いと考えています。 アクセス数はフル無視。 自分用の備忘録でも良いと思っています。 この記事を読んでくれた方は、全てを信じずに必ず自分で調べることをしてください。全ては自己責任で。 自分の人生は、自分で決める癖を身につけて。 正体不明の暗号通貨を知るヒントになれば幸いです。

【 正確には◯◯通貨ではない 】

【 正確には◯◯通貨ではない 】

 

2017年 4/23 blogを開始。

暗号通貨マニアのランです。

現在 ブロックチェーン技術は世界を巻き込んで、すごいスピードで金融の世界を変えています。

遠くない将来、学校の授業で教えていく必要があると考えています。

仕組みを作る側も、教える側も、覚える側も、ついていくのが大変な時代に突入すると本気で思っています。

少しでも誰かの為になれば嬉しいな。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

どうも〜

BIG tomorrow大好きなランです。

 

コツコツ節約しています。

本業の職業柄、多くの富裕層の方を見てきました。

10年続けてお仕事が順調な方は一握りです。

そのくらいビジネスの世界は大変です。

男の人は、会社でクタクタになるまで業績の嫌味を言われて帰宅につく気がします。

 

これから、もっと増える気がするんですよね。

だって人口が徐々に減って行くことが決まっているから。

企業もわかっているんだけど、背に腹はかえられぬ状態で、個人に対してはっぱをかけるしかないの。

 

身体を動かしてクタクタになるのは良いけれど、精神的にクタクタになるのは 結構しんどいよね。

 

ランは若い時から嫌な事があると、BIG tomorrowという雑誌を端から端まで読みました。

あの雑誌は、心の支え以上の存在だったの。

 

逃げではなく、向上心を刺激してくれて 未来を切り開く前向きな気持ちになれるの。

 

他にも、選択肢があるかもしれないというだけで、元気が出たもんです。

 

今週の5/22(月)〜5/24(水)の3日間、ニューヨークでブロックチェーンのカンファレンスがありました。

このタイミングの前後で、時価総額が上位の暗号通貨の価格が軒並み上がりました。

 

そして少々下落。

これは、利確したい人達が 売り払っているだけ。

それだけ、もっと安い時に保有した人達がいるということ。

短期でトレードするなら、考えなければならないのは どの価格帯で両替して保有した人が多いのかのボリュームゾーン

 

ボリュームゾーンはいくつもあります。

タイミングをよく考えて両替したいですね。

 

カンファレンスのタイミングではリップルのXRPは動きなし。

それどころか、カンファレンスが終わると 暴落しています。

 

ここからは、ランの憶測の話し。

本当に憶測なので、こういった考えの人もいるんだ程度に聞き流してね。

 

ビジネスも、投資、投機は自己責任。

会った事もない、顔も見た事もない人のいう事を全面的に信用しちゃダメ❗️

全ては自己責任‼️

 

リップル ラボは、まだXRPの価格が上がらなくても良いと考えている気がします。

だから、リップルファンが知っていることばかりを発表。

ファンにとっては少々、拍子抜け。

 

期待値が高かっただけに、最後の3日目の発表を聞いて売りに出した人達が大勢いたのだと思います。

売りに出した人の中には 株の世界のように、噂で買って 事実で売るタイプの方々も沢山混ざっていると思います。

 

でもね、カンファレンスで3日間全ての枠を取る事が出来たのは、紛れもない事実。

 

3日間全部に枠を取るのは、とても凄いこと。

多くの方は、これが頭から抜けています。

これは それだけ政治的にも、ブロックチェーン業界全体に対しても、非常に影響力があり、立ち位置が高い事を意味します。

 

これは忘れずに、覚えておいて欲しいです。

別格なんです。

 

会った事もない他人を信用しすぎちゃ駄目。

利益確定させたい人達に振り回されちゃ駄目。

仕手戦に巻き込まれちゃ駄目。

短期で考えちゃ駄目。

情報に振り回されちゃ駄目。

暗号通貨を保有しようと考えた時の、一大決心を忘れちゃ駄目。

トレードしまくっては駄目。

 

さてと、今日は少しだけリップル ラボのXRPについて書こうかな〜

 

リップルの単位のXRP、通称リップル

 

これはね、正確には暗号通貨ではないの。

 

限られた環境の中で機能する、単位なの。

全貌を理解している人は非常に少ないよ。

暗号通貨ではないの。

 

そしてね、仕様や構想は途中で変わる可能性もあると思っているほうが無難です。

 

まだ発展途上の単位。

 

よく聞いてね。

よく読んでね。

 

リップル ラボのXRPは特定の環境の中で機能する、

 

瞬間的にギア的な役割になり、

瞬間的に価値を運ぶ為の乗り物になり、

水のように形を変えられる単位。

 

そう。

XRPは単位。

シンプルに考えるとわかりやすい。

あくまでも単位。

 

これはね、考案、構想を練って、ここまで持ってきた人の努力と実行力、政治力に脱帽するに値します。

 

そして、数学的な緻密な計算の賜物。

 

可能性としては、時価総額上位の暗号通貨のほとんどのシェアを瞬間 瞬間、共有できるかもしれません。

継続ではなく、一瞬。

 

これが、どれほど凄いか。

あくまでも、可能性の話し。

構想は途中で変更になる事もあります。

ですが初期の構想では、こういった可能性もあります。

 

現状、XRPは形を持たない単位。

そう考えてください。

 

水のように形を持たないから、 多くの暗号通貨と相性がいいの。

 

だから、XRP自体に価値がなくてもいいんです。

形を変えられる事自体が価値なの。

 

例え、実店舗で使えるところがなくてもいいの。

 

何を言っているから、わからないよね(笑)

 

今はお金の概念、定義が根幹から変わろうとしています。

既存の概念、定義に当てはめては良くないよ。

 

そう考えると、先日のニューヨークでのブロックチェーンのカンファレンスで発表した事が全て。

 

あれが全て。

 

今のところは。

 

あれでいいの。 

 

形がない事に価値があるんです。

何かに特化していない事に価値があるんです。

 

 

リップル ラボの戦略、構想は、ほんの少ししか世間に流れていません。

憶測が憶測を呼んで、一人歩きしています。

 

大暴落も、利益確定させたい人が売りに出し、カンファレンスでがっかりした人達が売りに出す。

噂が1人歩きして 不安になった人がつられて売りに出す。

 

今はこんな状況です。

 

先日までXRPは、ある程度市場に出す量を調整しながら放出していました。

 

手動で、人の考えによって市場に出す流通量を変えていました。

 

ですが、今は システムにプログラムを組み込んで、そのプログラムに沿って市場に出すようになっています。

 

おそらく、大きく価格が上がったら プログラム通りに、決まったXRPを放出。

大暴落しない程度に放出。

 

もう、人の手を離れています。

 

何処まで約束を守るかわかりませんが、総発行量の1000億枚のうち、500億枚は あと数年は市場に出さないとリップル ラボは言っています。

 

現在の市場に流通している枚数は、約385億枚。

たしか、3月くらいだったかな?

その頃は、378億枚。

結構なスピードで市場に放出しています。

 

よく聞いてね。

 

XRPは減っていくの。

消滅する仕組み。

 

アカウントを作っても消滅するし、

やりとりをしても消滅します。

 

現在、約 522,000枚が消滅しています。

 

発行総量が決まっているうえに、少しづつ消滅していくの。

 

将来 どんな事になるかは、御想像にお任せします。

 

信じるか 信じないかは貴方次第〜♪

【 POWとPOSの違い 】専門用語編

【 POWとPOSの違い 】専門用語編

 

 

2017年 4/23 blogを開始。

暗号通貨マニアのランです。

現在 ブロックチェーン技術は世界を巻き込んで、すごいスピードで金融の世界を変えています。

遠くない将来、学校の授業で教えていく必要があると考えています。

仕組みを作る側も、教える側も、覚える側も、ついていくのが大変な時代に突入すると本気で思っています。

少しでも誰かの為になれば嬉しいな。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

どうも〜

歴史マニアのランです。

 

数時間前の、日本時間で2:30〜3:10にニューヨークのブロックチェーンのカンファレンスで、リップルの発表がありました。

 

多くの暗号通貨は、このカンファレンスをきっかけに 高騰してるものもあります。

ですが、リップルのXRPは うんともすんとも動きません。

 

1日目のお話しでは、

リップルのコンセンサス アルゴリズムは、POWやPOSと比べて 非常に優れていますよ〜。』ってお話しでした。

 

おそらくね、内容が期待値を超えなかったんだと思います。

 

誰の期待値を超えなかったかと言いますと、ランのような暗号通貨マニアだと思います。

今日の内容は、おそらく一般向けの内容。

マニアさん達は、そんな内容なんてとっくの昔に知っています。

 

マニアでなくても、リップルのXRPを大量に保有している人は、自分がこの暗号通貨を保有していて大丈夫?って毎日疑心暗鬼なんです。

だから、このまま保有していても大丈夫なのかを早く知りたいんですよね。

 

もっと刺激的なお話しを期待していたのだと思います。

デイトレーダーさん達は、一般向けの内容なのを確認して 売り買いを頻繁にしています。

信用取引をしている方々は、もっともっと情報に敏感です。

そういった人達からも残念がられた内容だったのかもしれません。

 

だって、皆んな知ってる内容ばかりなんだもん(笑)

もう少し、イーサリアムのように 明るい未来を想像し易くて、わかり易い説明が欲しかったね〜。

あと2日間あるので、そこに期待します。

 

早く、リップル独自の あの強みを発表してもらいたい〜♪

 

リップルのシステムは本当に秀でてますよ〜

 

ちょっとだけ、POWとPOSに触れますね。

 

暗号通貨は、主にP2Pとブロックチェーンが
ネットワークの基盤になって稼働することが、大きな目玉になります。
 
暗号通貨のネットワークを維持するためには、色々な要素が必要です。
 
BITcoinでは、ネットワークを維持する為に、
P2Pのネットワークとして不特定多数のユーザーさんに、取引の承認の手伝いをしてもらうことで報酬を支払います。
マイニングってやつですね!


ネットワークに参加する事で、メリットを
得る事が出来るシステムとなっています。
 

でもね、これだけだと不安要素がいっぱい。

だから、暗号通貨してセキュリティの強化をする必要があります。

そのセキュリティ強化のシステムが、ブロックチェーンなのよ〜(^ ^)

 
暗号通貨のネットワーク維持のためのシステムには、今のところ POWとPOSがあるんです。

 

長々と書いて、やっと出てきましたね〜
 
【 POW 】= Proof of Work
【 POS 】= Proof of Stake

 
暗号通貨で1番有名なBITcoinは、POWを使用しています。


POWとPOSの違いって、難しそうですが意外と簡単!

【 POW 】

パソコンの余剰能力を使います。

複雑な演算をさせて、演算が1番速く解けた人に報酬を払うシステム。

理論的には作業量に比例して、ビットコインを採掘( BITcoinではMiningと呼びます )ができる量が増える仕様になってるんだ。

 

【 POS 】
作業量とは関係なく、保有しているコインの
量に応じて鋳造(暗号通貨によってはforging、minting、stakingと呼びます。)するシステム。

 

鋳造は金利の仕組みに似ています。
多くのコインを持つと、その分 金利が高くなります。

預金に似てますね〜(^ ^)


POSは、POWの弱点を補う為のネットワークシステムとして考案されました。


POWの弱点として上げられているのは、電力消費の問題と、51%アタック。
他にもいくつかありますが、代表的なのはこの2つ。

これの対応策を講じられているのが特徴です。

 

電力消費に関しては、自然破壊に繋がる温暖化の一因になってしまう案件、

 

51%アタックというのは、セキュリティの穴をついた乗っ取りの案件。

 

これを改善したネットワークシステムなんだよ〜♪

 

どこまでカンファレンスでリップルさんが発表しているか、英語が読めないので知る術が少ないのですが、リップルさんのシステムはマイニングによる環境破壊対策と、アカウントを乗っ取ろうと攻撃を何度も仕掛けてきても、相手の暗号通貨の枚数を攻撃する度に消費されるように設計してあるの。

 

そう、51%アタックは 攻撃者も同じ暗号通貨を持っていることが前提の、乗っ取り方法。

 

リップルは、独自の進化と開発をして作りあげたシステム。

 

 リップルの優秀な売りは全部で3つ。

 

・ハブ通貨としての機能。

別名ブリッジ通貨。色々な暗号通貨との橋渡しにXRPという単位の通貨を使うんです。

 

Gatewayとしての機能。

暗号通貨を含む、あらゆる通貨を預けられるWeb上のウォレット。

 

・IOUを利用した取引

IOUとは借用証書のこと。

 

初日のカンファレンスでは、おそらくこの3つのうちの1つ目と、2つ目は話してない気がします。

まだ最新の情報を良く読んでいないので、推測の域を出ませんが。

 

暗号通貨に関しては、何かしらの値上がりのソースがあっても だいぶ前の比較的安い時期に入手している人達が1番高値になったであろう頃に一気に売りに出してくる場合もあります。

 

暴落したからといって、慌てて手放すと大損することもあります。

 

くれぐれも、相場の上下に左右されることなく、自分が決めた暗号通貨を中期、長期で保有しましょうね〜♪

【 司馬遷に憧れて 】blocchainの可能性

司馬遷に憧れて 】blocchainの可能性

 

 

2017年 4/23 blogを開始。

暗号通貨マニアのランです。

現在 ブロックチェーン技術は世界を巻き込んで、すごいスピードで金融の世界を変えています。

遠くない将来、学校の授業で教えていく必要があると考えています。

仕組みを作る側も、教える側も、覚える側も、ついていくのが大変な時代に突入すると本気で思っています。

少しでも誰かの為になれば嬉しいな。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

どうも〜

歴史マニアのランでございます。

 

歴史マニアというと、日本の戦国時代が好きな方が多いのかな?

 

勿論、日本の戦国時代の歴史も大好きです!

ですが歴史と聞いてランが真っ先に頭に思い浮かぶのは、紀元前の中国の歴史。

特に、春秋戦国時代の頃のこと。

 

そういった書籍を見つけた瞬間に即買いしてしまいます。

もうね、ヨダレもんですよ。

何百冊と読んでも、常に新しいことを吸収できます。

もしかすると、もっと読んできたかも。

 

永い年月が経っているにも関わらず、色褪せることがありません。

それが魅力の1つになっています。

 

時の権力者が、自分の都合の悪い事を記録させない命令を出しても、自分の一生の仕事だと命をかけている記録係は、文字通り 命をかけて抵抗してきました。

真実を後世に伝える命をかけた闘いでした。

 

古今東西、これほどまでに当時の記録が正しく残っていることは皆無に等しいの。 

 

世は戦乱の真っ只中。

旧来の社会秩序が崩壊してしまい、大小様々な国々の諸侯は、新たな秩序を作るために理念、道徳、構想、発明、思想、世界観を得るために、身分や血統にとらわれず人材の登用をしていました。

 

能力1つで這い上がれる、熱い時代でした。

 

なんだか、現代と似ていますね〜♪

でも、当時は革新的なことでした。

日本の歴史に例えると、織田信長がたくさんいた感じ。 

 

例えが下手で、ごめんなさい。

他に浮かばなかったの。

 

そんな中、各国の歴史の記録係りさん達も 自分の仕事に意地とプライドを持っていました。

国によっては、世襲制の仕事の場合もありました。

 

権力者が自分に都合の悪い事を記録させない命令を出した時、多くの場合 記録係りが拒否します。

最悪なケースになると、処刑されます。

 

その後、その子供が記録係りを引き継ぎ 同じ命令をされます。

やはり同じように拒否。

そして処刑。

 

別の血筋の人が引き継ぎます。

権力者が事実を書き換える命令を出します。

ここでも拒否。

 

これがずっと続いていきます。

 

最終的には、権力者が根負け。

 

どの国々でも同じことの繰り返し。

 

そのくらい、正しい事実を後世に伝える事を大切に想い、誇りを持っていたお仕事でした。

 

そんな中、この歴史を綴るお仕事を系統立てて昇華させた司馬遷という史家がいます。

 

最近流行っているキングダムという漫画がありますね。

だいぶアバウトですが、あの頃の時代です。

 

あの漫画にはリアルタイムでは登場しませんが、秦の白起という六大将軍の部下に司馬キンという武将がいます。

記憶があやふやですが、確かその武将の6代後が司馬遷だった気がします。

 

命をかけて歴史を綴る史家。

 

二十歳頃のランは、とても感銘を受けたんです。

とても真似は出来ないです。

 

当時の司馬遷は20歳頃から22歳にかけて、春秋戦国時代の史跡を巡る旅に出ました。

南部から中原にかけての旅。

そこで多くの事に想いを駆け巡らせたの。

 

渋いねぇ〜

 

司馬遷の功績は、多くの大小に散らばった国々で綴られた歴史を体系化して纏めた事です。

かなり読み易く編纂されています。

 

時の権力者が事実を曲げて記録させることは、世界中のどこの国でも日常茶飯事。

 

もしも当時、ブロックチェーンの技術があれば 、、、、

非中央集権型のブロックチェーン技術があれば、命をかけなくとも何があったのかを鮮明に、かなりの精度で後世に残せたと思います。

 

まぁ、たらればの話しですが。

 

現在、ブロックチェーンと聞くと、どうしてもワンセットで暗号通貨が浮かんでしまいます。

 

ですが 暗号通貨は、ブロックチェーン技術でできることの1つ。

 

技術的、理論的には、先程記述した歴史を綴る事も可能です。

一般の庶民が、歴史を綴る事も可能なんです。

 

なんだか、大人気のワンピースという漫画に出てくるポーネグリフ( 歴史の本文 )を思い出します(^ ^)

 

ブロックチェーン技術があれば、抽出するのは朝飯前。

 

ランはインターネットが普及する前までは、興味のある分野の本を探す為に、毎週のように本屋を歩いていました。

今ではインターネットが普及し、そういった事を調べるのも、書籍を探すのも楽ちんです。

 

ただ、ブロックチェーン技術が進化すれば、もっと楽に探し出せる気がするんですけどね〜

 

例えば、ブロックチェーン技術が産まれる前の出来事を、Wikipediaのように 不特定多数の人達が投稿する機能の実装も、理論的には可能な気がします。

 

これを進めていくに従って、もしかすると 現代では当たり前と思われていたことが、実は違ったなんて事もでてくるのではないかと感じています。

 

 本当の歴史の真実を知って見たいなぁ〜♪

 

 

 

 

 

【 ブロックチェーンでできること 】

【 ブロックチェーンでできること 】

 

2017年 4/23 blogを開始。

暗号通貨マニアのランです。

現在 ブロックチェーン技術は世界を巻き込んで、すごいスピードで金融の世界を変えています。

遠くない将来、学校の授業で教えていく必要があると考えています。

仕組みを作る側も、教える側も、覚える側も、ついていくのが大変な時代に突入すると本気で思っています。

少しでも誰かの為になれば嬉しいな。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

どうも〜

禁酒中で、もがいているランです。

 

一年前から禁酒してるんですよね〜  (>_<)

お酒は大好きです。

 

でもね、やりたい事を ちゃんとできるようになるまで、禁酒しているんです。

例外は大事な人達と集まった時だけ。

 

今では、お酒を飲んでいる時間が勿体無いと感じるまでになりました。

てへっ  (//∇//)

 

さてさて、真面目に記事を書かなければ。

ランは、本業でお酒を扱っています。

飲食店でワインを提供しているんだよ〜♪

 

今日は、ブロックチェーンでできる事を書いていこうと思います。

ワインの話しを例に出しますね。

 

ワインの仕入れは、かなりシビアにしています。

本業でのランの顔を知らない人が見たら、おそらくビックリしますwww

 

業者さんから頂いたリストをじぃ〜って見て、良いなぁ〜って思う銘柄とヴィンテージの組み合わせを見つけてリストアップします。

 

リストアップした銘柄を、インポーターや酒屋さんに、

『 空輸?タンカー?』

『 どこの倉庫にあったの?』

リーファー?』

『 いつ日本に持って来たの?』

『 あそこの倉庫に寝てる期間は?』

『 じゃ、要らない 』

『 安くても要らない 』

『 見つけたら連絡ちょうだい 』

 

笑顔で言っちゃいます。

 

業者さんと、こんな会話ばかりしています。

 

ほとんどの人が、ワインの事を知らないんだ。

 

安いには、安い理由があり

高いには、高い理由があるの。

 

リーファーコンテナ使って輸送したほうが、品質が良く保てます。

船の輸送より、飛行機のほうがいいです。

例えば、赤道の真下を船で通過すると品質は悪くなります。

信用出来ない倉庫より、信用出来る倉庫での保管のほうが品質を保てます。

信用のない業者さん経由より、信用のある業者さん経由のほうが品質に信頼ができます。

 

ランは全て揃っていないと仕入れません。

逆にかなり割高になっていても、信頼の出来るルートを経由したワインを仕入れます。

 

ランは美味しいワインをお客様に提供したいだけ。

 

高いワインになると、自分のお店に納品されてから 3ヶ月〜1年もセラーで寝かせる事も度々。

納品の移動中の振動で、ワインがビックリしちゃって 直ぐに飲んでも旨くないから。

 

オーダーを頂いて 提供して、 お客様が口に含んだ瞬間の表情が良ければ大成功!

表情が曇ったら、時には給引き 。

自ら下げて、自ら給引き。

だから、テイスティングの瞬間まで真剣勝負。

 

お金を支払ってくれているお客様は常に自分より、上の存在だと思うの。

 

でもね、 本当に良いサービスを提供できたら、心の中では対等な存在になれるの。

 

だから毎日が真剣勝負!

 

ブロックチェーン技術の話しに戻しますね。

 

知ってもらいたいのは、ブロックチェーン技術でできることの1つに 暗号通貨があるんです。

 

ブロックチェーン技術は、多くの事を記録できます。

そんなブロックチェーン技術を使った暗号通貨。

 

先程のワインの話しに例えると、そのワインが造られてから、誰かの手元に着くまでの物語りが全て記録される技術なの。

 

どこで、誰が、いつ 造り、

何本作った中の1本なのか?

いつ、誰に売られて、どんなルートを、どんな乗り物を使い輸送されたか?

コンテナは リーファーコンテナだったか?

輸送後は どこの倉庫に、どのくらいの期間保管されていたのか?

 

こんな事が全てわかってしまいます。

 

これは革命ですよ!

嘘をつこうにも、誤魔化そうとしても、絶対に無理。

 

ブロックチェーン技術を使った暗号通貨では、こんな事までできちゃうんです。 

 

 他にも、スーパーで売られている豚バラ肉があるとします。

この豚バラ肉の生産者まで辿ることができるんです。

 

暗号通貨によっては、誰がどこで作ったものなのかまで遡り、暗号通貨自体の発行者まで調べる事ができます。

 

そう!

偽札ならぬ、偽暗号通貨かどうかを判別する事ができます!

 

 これがブロックチェーン技術のすごいところなんです。

 

他にも契約内容に特化した暗号通貨ならば、その暗号通貨を使って取引した際に、契約内容まで記録できます。

ここまで来ると、極端ですが 人や紙の書類が要らなくなってしまいますね。

 

 これから暗号通貨を保有したいと考えている方がいらっしゃいましたら、どんな特徴を持った暗号通貨なのか必ず調べてから両替をすると失敗は少ないと思います。

 

絶対に、周りの人に振り回されては駄目。

 

もっと書きたい事が沢山ありますが、電車が来てしまったので、この辺で。

 

早く帰って寝ようっと   (//∇//)

 

おやすみなさ〜い♪

 

 

 

【 もしかして! 】仮説編

【 もしかして! 】仮説編

 

2017年 4/23 blogを開始。

暗号通貨マニアのランです。

現在 ブロックチェーン技術は世界を巻き込んで、すごいスピードで金融の世界を変えています。

遠くない将来、学校の授業で教えていく必要があると考えています。

仕組みを作る側も、教える側も、覚える側も、ついていくのが大変な時代に突入すると本気で思っています。

少しでも誰かの為になれば嬉しいな。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

本日2回目の記事の更新です。

 

先程知り合いの方とやりとりしたLINEの原文を取り急ぎ載せます。

 

お昼にリップルのXRPが高騰すると思っていましたが、そのタイミングから20%以上暴落したんです。

良く考えたら、、、、

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

セ○セ○さん(^ ^)

大事なことを1つ見落としていました❗️

思いっきり間抜けでした(笑)

良く考えたらインドは英語圏なので、富裕層は既に海外の取引所経由で 既に暗号通貨持ってる人がいるはずですね\(//∇//)\

という事は、、、、

噂で買って、事実で売ってますね。

だとしたら、徐々に価格が戻りますわ(^ ^)

 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

あくまでも仮説です。

 

夜にはどうなってるかな〜♪

 

あくまでも仮説ですので、判断は個人個人でしっかり持ってくださいね〜♪

 

 

【 今日はインドのお話し〜♪ 】

【 今日はインドのお話し〜♪ 】

 

 

2017年 4/23 blogを開始。

暗号通貨マニアのランです。

現在 ブロックチェーン技術は世界を巻き込んで、すごいスピードで金融の世界を変えています。

遠くない将来、学校の授業で教えていく必要があると考えています。

仕組みを作る側も、教える側も、覚える側も、ついていくのが大変な時代に突入すると本気で思っています。

少しでも誰かの為になれば嬉しいな。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

おはようございます。

胃もたれしながら、店終いをしているランです。

 

今日はね、13時からインドの暗号通貨取引所がリップルのXRPを取り扱いするんだってさ〜♪

 

インドはね、ランの知る限り 世界に先駆けて、去年の年末に 真っ先にほとんどの大手銀行がリップルと提携したんだよ〜。

 

良く考えて。

以前書いた記事で、人口のお話しを書きました。

インドには触れませんでしたが、インドの人口を知っていますか?

最新の人口を調べていませんが、2015年時点で13億1千万人なんです。

 

貧富の差が激しい国ですが、富裕層の増加率のスピードがヤバいだよ。

 

2005年末にには富裕層人数が700万人。

去年の2016年には1700万人。

このペースでいくと2025年には、3300万人になると予測されています。

 

アメリカと正反対の位置にあるので、アメリカでの深夜の電話応対のほとんどは、インドに転送されてインド人が対応しています。

勿論、英語で対応してます。

 

例えばパソコン関係のプログラム。

これもアメリカが昼間の時間帯はアメリカで、アメリカが夜の時はインドでやっているんです。

 

だから、インドの人は 物凄いスピードでノウハウを吸収しています。

そうでなくても、元々 ゼロの概念を考えた土地柄ですので、頭がめっちゃいいの。

 

本日は、そんなインドの富裕層の人達がリップルのXRPに両替に走るのでしょうね。

 

ヤバたん!

 

インドは去年末に、偽札対策で 高額紙幣の廃止を、たった1日で遂行しました。

『 今から4時間後に、指定した高額紙幣を廃止します。待っている人は、その時間までに他の紙幣に替えてください。』って。

 

その前後に、大手のほとんどの銀行さんがリップルと提携したんです。

提携というより、リップルのシステムを採用。

 

だから、もしかすると世界で1番リップルに興味があり、良く知っている国民なのかもしれませんね。

 

このblogを帰宅しながらポチポチ綴っています。

上がったら嬉しいなぁ〜♡

 

 

【 お勧め両替のタイミング 】

【 お勧めの両替のタイミング 】

 

 

2017年 4/23 blogを開始。

暗号通貨マニアのランです。

現在 ブロックチェーン技術は世界を巻き込んで、すごいスピードで金融の世界を変えています。

遠くない将来、学校の授業で教えていく必要があると考えています。

仕組みを作る側も、教える側も、覚える側も、ついていくのが大変な時代に突入すると本気で思っています。

少しでも誰かの為になれば嬉しいな。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

どうも〜

訳あって少しだけ スネてるランです。

 

4日間ほど、blogの更新をサボってました〜

 

ネタがない訳ではないんです。

 

ちょっとだけ、スネて 気持ちを整理したかっただけ。

 

なんかね、ランのblogを暗号通貨の高額塾の塾長さんの何人かが真似するの。

当日とか、翌日とかに。

 

知り合いから、たくさん連絡がきます。

笑いながら報告をくれるの。

『 また、真似されてるよ〜 』って。

 

別に減るもんじゃないので良いのですが、何かしらの暗号通貨の値上がりのソースだったら百歩譲って良いのですが、、、、、

 

自分ルールの考え方とかを、リアルタイムで真似して書かれると、怒りを超えて呆れてしまいます。

 

もう少し捻って欲しいよ。

 

そういった高額塾の塾長さんは、おそらくランが有料級の情報を馬鹿みたいに垂れ流ししまくる前までは MLMやハイプ系の案件のお勧めとかの情報発信に精を出して 暗号通貨そのものについてサボってただよ。

 

一緒にされたくないんだよね  (>_<)

 

そういったことがまかり通るから、昔のランのように ネットビジネスを始めようとして、こんがらがっちゃう人が続出するんだよ。

 

願わくば、ランの駄々洩れの有料級の情報発信がキッカケで、本物だけが残るようになって欲しいです。

 

まぁ、ここ最近では そういった方々の情報発信の内容が、ちょっとは良くなってきたので 多少の効果はあるのかな?

 

どっちでもいいかwwwww

 

余り、ランの趣味の邪魔をしないで欲しいっす。

いちいち、真似されてるとか連絡もらう度に、なんか嫌な気持ちになるんよね。

 

もう慣れましたが (>_<)

 

趣味に集中させて欲しいだよ。

ランは、このblogを書いている時が1番楽しいんだから!

 

さてと、愚痴はこの辺まで。

本題に入らなければ。

この数日で、暗号通貨のリップルのXRP相場が上がりましたね〜

 

知り合いの何人かに勧めて、何度も両替をしようと試みましたが、タイミングが掴めず 中には1枚 2.5円の時期から迷いまくって、未だに両替できてない人もいます(笑)

現在、1枚 37円ちょっと。

 

とんでもないくらいに高騰しています。

両替のタイミングに困るくらいのスピードで、値上がりし続けているんです。

ゴールデンウイーク後にニュースで、

リップルが1日で1.7倍になった! 』と報道していました。

 

すごいよね〜♪

 

でもね、このblogを書き始めた日には 1枚 約3.6円。

 

その日の記事でリップルを紹介しています。

急いで書き上げた割には、自分では詳しく書けてるほうだと思います。

 

その後、狂ったように記事を更新しました。

 

その理由は、ゴールデンウイークが始まるまでに 少しでも多くの方に、読んでもらい、知って欲しかったから。

そして、暗号通貨の取引所のアカウントを取得して、実際に少額でも良いから 何かしらの暗号通貨を保有して欲しかったの。

 

1番保有して欲しかったのは、リップル

 

だからblogを書き始めた初日に、2つの記事を書き、その1つの記事にリップルを紹介したんだ。

 

もし、ランの記事に賛同して 直ぐに保有した方がいれば、約10倍の価格になっているはず。

少々出遅れたとしても、5〜6倍になっているはず。

 

僅か3週間の間で約10倍。

 

ランが今年の元旦から書いている別blogを読んで動いた人がいれば、約60倍になっていると思います。

 

たらればの話しはやめておきましょうか。

 

このblogを書いている現在、1枚 37円なのは紛れも無い事実。

 

昨日は40円まで行きましたよ。

 

ランは、まだ底値だと考えています。

多くの人が、両替のタイミングを見つけられずに、下がったタイミングで両替をしようとして、結局どんどん値上がりしている状況。

 

こればかりは、自分で考えて実行するしか無いんですけどね。

 

そこで、ランのお勧めの両替のタイミングや方法をご紹介いたします。

丁度、昨日 知り合いのセ◯セ◯さんにLINEした内容です。

 

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

『 お勧めの両替の仕方は、3〜6回に分けて分散して両替です。

ドルコスト平均法の応用です。』

 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

原文を、そのままコピペしました。

 

小刻みに相場が上下しながら、右肩上がりに価格が上昇し続けているので、このやり方が無難な気がします。

ランのお勧めは6回。

 

理由は、このblogでも紹介しているように、

一回の行動が、全体に及ぼす影響をギリギリまで減少できるからです。

そして、旨味も少々。

 

http://u5888dbc72k5w3e05se201.hatenablog.jp/entry/2017/05/07/074502

 

購入ではなく、両替。

通貨だから、両替なの〜♪

 

あくまでも、ランの考え方なので こんな考えの人もいるんだ〜 程度の参考にしてみてください。

 

日を追うごとに、相場は上がると思っています。

ですので、タイミングを見つけられずに躊躇している方がいらっしゃいましたら、 このやり方を試してみてください!

 

来週の月曜日はニューヨークで、ブロックチェーンのカンファレンスがあります。

 

高額塾の塾長さんや講師さん達は、一生懸命にイーサリアムのイーサが上がるとか 限定した暗号通貨を推していますが、時価総額上位の暗号通貨の多くが、多少なりとも値上がりします。

 

値上がりした後は、、、、、

 

そう、利確組が売りに出すので下落します。

中期や長期での保有を考えている方は、まだ売らないでくださいね。

 

何故なら、ほとんどの暗号通貨は まだ実社会で稼動していないから。

それまで待てなければ、話しは別にですが。

 

実社会で稼動し始めて、初めて本当の値上がりをするんです。

まぁ、その時も利確組さんが一斉に売りに出して下落しますが。

 

今週のリップルの相場の高騰は、韓国とインドでの取引所の取り扱いが原因です。

知っていた方々は、予め 仕込んでましたよん。

 

ただ、本命のソースは 来週の月曜日!

 

以上、ランの書き書きでした〜♡